全惑星探索会の絵② 「月~太陽~冥王星コース」

全惑星探索会の絵②

blog.goo.ne.jp


「月~太陽~冥王星コース」
こちらを先にやっていたのでこちらが本当は①なのですが。

f:id:koseitansaku:20180610204354j:plain

月で出てきたものです。
ここでは箱みたいな形に描いていますが、銀色で、スライムをもっと軽い質感にしたような粘性の四角いものが出てきました。
それはさらにふわふわと煙のようになって漂うことができ、本体から濃く漂い出した一部は可変で、色々なものになりました。
最終的に犬の群れになったのでそこを描きました。

これより1つ前の同じコースの探索では、肉体から月へあがるパスで、

「画面右側にグリッドみたいな、薄い灰紫色の膜。
それを突き抜けて向こう側へ出ようとしている私。」

というものを見ていました。

色味が共通していますし、四角かグリッドかという違いはありますが、みょーんとした質感も同じで、これは同じものを見ているのかな?
なんだろう、エーテル的な何かでしょうか。

月がエーテルの身体で、肉体とはグリッド的なものを通じて接続していると考えると、1つ前の探索で「肉体~月」でグリッド的なみょーんとしたものを見たのはそのまんまだし、今回の探索で銀色の四角い、煙状に変化する形状可変の何かも、そう考えてもいいのかな? しかしエーテル体なら何故犬の群れに変化したのか謎です。

犬は私の探索では単独で出てくる場合大抵白で、どうも上位の世界へ入ろうとする時の警告者としての役割で出てきているようですが、この群れは同じと捉えていいのかどうか?

 

探索全文はこちらの記事にあります。

blog.goo.ne.jp

「月~太陽~冥王星」コースでは立方体のアートワークとの一致点が見られて興味深かったです。
一致点を書いた記事です。↓

blog.goo.ne.jp