全惑星意識探索の絵① 「水星~火星~土星・天王星」

全惑星意識探索の絵①
「水星~火星~土星天王星

全惑星意識探索会で描いた絵をアップしていこうと思います。

blog.goo.ne.jp

今日の絵は、生命の樹の右側の柱を下から上がるコースで、惑星やパスに入る前の準備運動の段階で出てきたもの。

 

f:id:koseitansaku:20180610200800j:plain

 

「リラックスの間に、誰かと黒い空間に浮いており、何かを前にして話している。
そのなにかは、何だろう、何かの軌道のようだ。
誰かはいつの間にか刀を手にしており、
「こうすればいいだけだ」
と言って、空間の、軌道の画面右側を弧を描いて画面右下から真ん中上へ向かって切った。
そして画面左側、軌道の「裏」を、弧を描いて、真ん中上から画面左下へ向かって切った」

というシーンです。
誰か、と書いてますが軌道(?)を切ったのは私のガイドの1人です。

準備運動の段階とはいえ、右側の柱のコースをやると意図した探索でのシーンなのだから、右側の柱に関することだと思います。
「軌道を切れ」→軌道は自分の今の決まりきった枠(土星)だと考えると、それをほぼ垂直に(90度に)弧を描いて切ったということは、全く異なるように思える価値観をぶつけて切れ目を入れろということなのかな、と。
枠は壊れたわけではないので、それこそ断絶点というか、完全に閉じているわけではない円にしろということか? という感じで、このワークで採用している生命の樹の惑星対応のモデル、ビナーに土星天王星両方があてはめられることの意味そのもののようだと思いました。

刀の軌跡は黄色い光になっており、探索会に参加してくださった方が
「切ったところから光が漏れ出しているようで印象的」
と言ってくださったのですが、天王星では乳白色の強い光が空間で放射状の光を放っており、これは立方体のアートワークのビナー=グレートマザーの光と同じ、と考えると、土星の枠を「切って」、切れ目から天王星でありビナーである光が入ってきてるとも。

crystalclairvoyant.hatenadiary.jp

右側の柱のワークでは黒い空間が頻出で、自分を外の世界に押し出すという、自分の色を刻印するということを考えると、全ての色を飲み込む黒がここで頻出するのは興味深い。右側の柱の外へ押し出すことそのもののようなタロット15悪魔のカードも背景は黒い。
水星~火星間のパスがまだ開通してないような感じがありましたが、大枠としては右側はきちんと機能しているようです。

探索全文はこちら。

blog.goo.ne.jp

水星と火星では音楽を示唆する映像があり、外に押し出そうとしているものは音楽なのだということが示唆されたのも面白かったです。