水晶透視練習記録①

水晶透視練習記録①

水晶を買ってきました。

f:id:koseitansaku:20180520044945j:plain

壁視て練習するので大丈夫と言われていたのだけど、前よく行ってたパワーストーン屋さんに行ったら、半年前から水晶球を扱い始めたと言っていきなり店内に綺麗な水晶球が大小ずらりと並んでいてびっくり。
→クロージョーアイズさん http://www.eyes-crystal.com/
(私が狙っている石は買わないでほしいです(笑))

さらに驚いたことに、気に入ったもの幾つかで透視してみていいですかと言って隅っこのスペースで眺めていたら、映像の前兆と言われているらしい、水晶が白いモヤで濁るという現象が数分で起こったこと。
もっとびっくりしたのは、その中に記号か文字のようなものが見えてるかもしれないと思った瞬間に何か懐かしいような切ない感覚がし、一気に涙が出てきたこと。
買うしかないというやつだったのだと思います。
記号か文字だと思ったものは結局光の反射がぼやけたものだったのだけど、どうして懐かしい感情がこみ上げたのか涙が出たのか。
見ているうちにどんどん体温が上がって汗ばみ靴の中が蒸れてしまい足が臭くなってしまいました。

白い壁を視ている時は、水晶が白く濁るような変化が起こっていることはよく認識できなかったけど(だって元々白いから)、水晶ってやっぱ壁よりやりやすいです(当たり前か)。
でも壁と水晶は性質が違うような気がする。めっちゃ元気になるのは壁のような気が。
でもそれは買ってきて興奮して勢い余って浄化していないまま1,2時間練習をしたからかもしれません。
その後悪夢を見たし、ガイドが出てきて何を考えてるのかと怒りながら吸収していたと思しき他人の雑念を一生懸命取っていた。ついでに体調を壊してしまいました。浄化前の水晶で透視したらあかんのですね。勉強になりました。

悪夢はエレベーターがコントロール不能になり落下して地面を突き破って地下世界に入って行ってしまうもの。
でもこれって悪夢なのか、それとも先生がよく言う「エーテルの濃いところに接触すると重いところに落ちるような感じがする」みたいなことを夢で映像化したものなのかよくわからない。
落ちる直前は財布がお金でパンパンでお金を整理しなきゃと言って札束を数えていたし本当に悪夢なのか? 
でも財布の中身を数えるのは石を買いに来た人が全員やりそうなことだから、やっぱり浄化されていなかった雑念を吸収しちゃった系だという気も。

買ってきてずっと眺めていましたが、白いモヤはものの数秒で出るようになりました。でもこれが、本当に、いわゆる「前兆」のモヤなのかよくわからない。モヤが出ると大体追随するように水晶の輪郭が発光しはじめます。
そしてしばらく見ていると、水晶の中にボコっと真っ黒い穴というか、別の空間ができるような気がする。これは壁を視ていた時に、相変わらず視界は白いままなのに何かが「ガッ」と変化する感じに似ているような気も。

質問を投げかけていなかったことに気づいたので質問してみました。
「私の高次における本来の姿について教えてほしい」
そして1時間くらい見ていると、
「目を開いている時に」(←今度は確信がある)
「肉眼によって」
「うすーいホログラムのようなものが」
「水晶の球体の上に乗っかっているような形で」
見えました。
小さな水晶クラスタのような茶色いものでした。

これは何だろう。
見え始めたと思っていいのでしょうか。

目が開いていて、ビジョンではなく肉眼で見えたものだったことは今回ははっきり覚えています。
2回見えました。

しかしよく聞くように、「水晶球の表面」や「水晶球の内側」に見えたものではなく、クラスタの実物が水晶球の上に乗っかっているように見えました。

そしてテレビの映像のようなものではありませんでした。
うすーいホログラフィーのように、向こうが透けて見える感じ。つまり、水晶のクラスタの幽霊が現れた、みたいな感じ…?

どう受け取っていいのかわかりませんが、とりあえず進歩したんだと受け止めてモチベーションにしようかと。
(しかし質問の答えだとしたら一体どういう意味なのか皆目わからない)

松村先生の『水晶透視ができる本』、ヘイズ中村さんの『水晶球霊視』買いました。楽しみです。

今まで参考にしてきた本
ひあり奈央さん
『Crystal Scrying Report ~ 初めての水晶透視体験』
『未来型∞水晶透視 誰にでも出来る水晶透視 入門編』(上級編を待ち望む)

木梅たかしさん
『手のオーラ視に関する本』
『黒板視について: 方法と著者の体験談』